『英単語つづり学習 最初の130語』と『次の152語』を提唱します!

つづり方のルールを学べば単語をはやく覚えられ、発音もよくなります。
しかしフォニックスは「できる人向け」の学習法です。
ローマ字学習をせずにフォニックスを教えるという『これからの王道』は、現状では日本人の当該学年のこども全体(数百万人・・・注)の半数(あるいはそれ以上?)にとってハードルが高い、ということをみなさんに伝えたい!
(注)小学5年生~中学1年生の全員と中学2~3年生でスペリングが得意でない生徒の数

一方、「意識高い系」のお子さんは、フォニックス一択でまず間違いないでしょう!優秀な指導者のもとで存分に英語力を伸ばしていってください!

ユルリーモでは、これから英単語のつづりを学ぶ、あるいは学び始めた『ふつうの人』が、もっとも効率的に英単語のつづりのルールを習得できるような学習法として、
『英単語つづり学習 最初の130語(First130)』と『次の152語(Next152)』を提唱しています。詳細はこちら

とりあえず、最初の130語を(英語の発音で)すらすら発音でき、自力ですらすらつづれるようになれば、以後英単語のつづりを(画像のように)丸暗記する必要はなくなり、単語の覚えがぐっと良くなります。また、つづりと発音を同時進行で学ぶことで英語の発音も良くなります。さらにこの130語のほとんどが「ほとんどすべての人」にとってすでに意味が分かっている単語なので、つづりと発音に集中して学べるのです。

これらの学習をするために最適な教材が、「英語の音と文字をつなぐ はじめての英単語ドリル」です。

アマゾン商品ページはこちら

さらに、このドリルのExcelデータ版も発売になりました。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です